熱中症の原因は体温調節機能にある

熱中症の原因は体温調節機能にある

熱中症を引き起こす原因は主に環境的要素と身体的な要素へ分類され、高温多湿な環境下で無理に行動を続けていると体温調節機能が正常に働かなくなります。

人が体温調節を行うためには健康な場合でも多量の水分と塩分が必要となるほか、何らかの持病や体調不良時には自律神経系が乱れやすく、熱を外部へ放出しきれず急激に体温が上昇するリスクを高めてしまいます。

また、生命活動においても体内では熱が発生しているため、それほど高温な時期でなくても体温調節が困難になると熱中症の発症率は上昇します。

関連記事

  1. こむら返りの原因について

  2. 坐骨神経痛の原因にもなる椎間板ヘルニア

  3. 肩こりの原因や対策について

  4. 自律神経の乱れから起きる症状で顔のほてりがあります

  5. 座ったままでできる肩こり解消のストレッチ

  6. 目の疲れで頭が痛くなった時はツボを押す

カテゴリー